目黒雅叙園

e0078331_2343991.jpg

母と姉二人と一緒に、目黒雅叙園のランチビュッフェに行ってきました。

目黒雅叙園は、日本初の総合結婚式場。
「昭和の竜宮城」と呼ばれたほど絢爛豪華な建物です。

e0078331_23544591.jpg建物内に入ると、まず大きな門が登場。
両脇には川が流れ、その上にかかる橋を渡っていきます。
この川の上には季節柄、たくさんの風鈴が飾られており、涼しげでした。

e0078331_044938.jpgロビーへ向かって歩いていくと、美人画がお出迎え。
これ、彫刻なんです。
天井にも日本画が描かれています。
瓦がなんとも日本的。
でも全体的には、和と中が融合したような感じを受けました。

e0078331_07932.jpg萱葺屋根の料亭。
建物の中にあるというのが驚きです。
この辺りで新郎新婦が写真撮影をしたりするんですって。

そして最初の写真。
実はこれ、名物のお手洗いなのです~!
なんでも1億円かけたとか・・・。
お手洗いの中だというのに川が流れていて、赤い橋がかかってます。
個室のドアは朱塗りで螺鈿の細工が・・・。
天井には金箔で美人画が描かれています。
このゴーカなトイレ、一見の価値ありです!

雅叙園の旧施設は、有形文化財として建物内に保存されています。
勝手に見学することはできませんが、ツアーや展示会などで入ることができるようです。
(宿泊客は見ることができるらしい・・・。)
今度、黒澤明展をやるので、その時に見に行きたいと思います。
『千と千尋の神隠し』の湯屋内部のモデルとなった旧施設、見るのが楽しみです。
[PR]
by nojidon | 2006-07-11 23:42 | おでかけ
<< Z ロードスター 朝顔とさくら >>