ポリオとB型肝炎

ここのところ新聞やネットでポリオワクチンのことを目にする機会が多く、
通常接種するポリオ生ワクチンでポリオ(小児麻痺)に感染する可能性があるということ、
そしてそれを避けるには不活化ポリオワクチンを接種するという選択肢がある、
ということを知りました。

生ワクチンのメリットは、
・無料
・経口で2回接種
デメリットは、
・極稀だけれどもポリオに感染する可能性がある
・便を通して他人にうつる可能性がある
など。

不活化ワクチンのメリットは、
・接種してもポリオにはならない
・他人にうつらない
デメリットは、
・自費
・注射で4回接種
・接種できる病院が少ない
・国内未承認の輸入ワクチンなので健康被害があった場合の補償がない
など。

若は今年の春に生ワクチン接種予定だったのですが、
極稀とは言っても麻痺になる可能性があるのは避けたい、
私とjaraが、ポリオの免疫が低い世代なので二次感染の可能性がある、
不活化ワクチンを接種できる病院が徒歩圏内にある、
などの理由で、不活化ワクチンを接種させることにしました。

腕の高い位置に注射。
ついでに任意のB型肝炎ワクチンも受けたので、またもや一度に2回注射です。
ヒブと肺炎球菌でとりあえず終わりだと思っていたのに、また増えちゃった。
ごめんね、若。またギャン泣きされました。

4週間後以降に2回目の接種。
2回目が済めば、生ワクチン接種者からうつることはほぼ無いということなので、
春の一斉接種の頃にはギリギリ間に合いそうで良かったです。
私もおむつ処理に気を遣わなくて済んで楽かも。
少し悩みましたが、不活化ワクチンにして良かったと思います。
[PR]
by nojidon | 2011-02-01 23:45 | あかんぼ
<< 節分 天狗まつり >>