ノーリード

さくらの夜のお散歩で、ノーリードのわんこに会いました。

そのわんこには、前に飛び掛られたことがあります。
その時は、そのわんこのおうちの真ん前ということもあり、
家から飛び出してきちゃっただけかな~と思って何も言いませんでした。

次に会った時は、公園で、オバサンが連れていました。
やっぱりノーリード。
「リードつけてくださいね。」と言ったら、
「すみませ~ん。」なんて言ってた。どうせつけないくせに。

で、今日また公園で会いました。オジサンが連れていました。
「リードつけないんですか。」と言ったら、
「おとなしい犬だから。」と言いました。
「前に飛び掛られたことがあるんですけど。」と言ったら、
「普段はすごく大人しいんだけど、たまに相性の悪いのがいて。」と言いました。
じゃ相性の悪い犬がいたら飛び掛るってことじゃないか。
どこか大人しい犬なんだ。

ってゆーか、どんなに大人しくても良くしつけられていても、
リードをつけるのが社会のルール。
「でもリードをするのが決まりですから。」と言うと、
くどくどと自分の行いを正当化しようと長い言い訳をしている。
ウザくて聞いてられないので無視しました。
さくらに何かされても困るし・・・。

途中で逃げ出してしまった私は、中途半端な弱虫ですね・・・。(T-T)
[PR]
by nojidon | 2005-10-11 23:59 | 柴犬さくら
<< 給油 ラリージャパンレポ Leg2完結 >>